アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
積み木の航星日誌
ブログ紹介
世の中には「積み木」で、歴史ゲームを楽しむという趣味があります。その話題についてのブログです。
zoom RSS

コンバット!インファントリー その3

2018/02/18 22:12
画像

シークエンスですが、以下はあくまで例です。
@ドイツ軍 「A中隊第1小隊(A1 PHQ)」が指揮範囲内のユニットに命令 
        → 3個分隊+大隊もしくは中隊付き兵器ユニット1個を活性化

 活性化したユニットは次の行動(アクション)が可能です
  「回復」「射撃」「スペシャルアクション」「移動」「白兵戦(相手のいるヘクスに入った時)」

 ドイツ軍の「A中隊第1小隊」の行動が終了したら、

Aアメリカ軍 「A中隊第1小隊(A1 PHQ)」指揮 ;これは「第2小隊」でも「第3小隊」でも「中隊司令部」でも良いです。別に順番にする必要はありません。
 ドイツ軍と同様な行動を実施させる。終了したら、

B@と同じように、ドイツ軍は、まだ指揮を行っていない「PHQ」もしくは「CHQ]に命令させます。

CAと同じように、アメリカ軍は、まだ指揮を行っていない「PHQ」もしくは「CHQ]に命令させます。


以下、ドイツ軍とアメリカ軍は交代で命令を繰り返し、
指揮命令を行っていない「PHQ」か「CHQ」がなくなったら、「1ターン」が終了です。

画像

ちなみに上記画像は、第1シナリオで、アメリカ軍が見事に左翼からの攻勢に成功し、ドイツ軍ピンチ状態という状況です。
 

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


コンバット!インファントリー その2

2018/02/18 15:17
画像

さて、「コンバット!」に出てくるユニットですが、基本1ユニットは「分隊」単位です。
そして、3個分隊で「1小隊」を形成します。
「小隊」は「小隊司令部(PHQ)」の指揮下にあり、各分隊は「PHQ」から命令を受けて初めて行動ができます。尚、命令を受けるには「PHQ」に隣接したヘクスにいる必要があります。
「PHQ」に隣接していないと行動する際にはペナルティが課せられます。

その他のユニットの種類としては
「中隊司令部」「機関銃」「迫撃砲」「対戦車兵器」「狙撃兵」「工兵」「戦車」「装甲車」「対戦車砲」「トーチカ」「地雷原」「105mm野砲」「航空支援」
などなど盛りだくさんです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コンバット!インファントリー

2018/02/18 15:00
画像

コロンビア社初の「WWU戦術級」ゲームです。
開発中は、「積み木は分からないように駒を立てて動かしているけど、戦車とか接敵していきなり現れるとかするの?それっておかしくない?」という心配の声もありました。
が、全体的にはとてもシンプルなシステムに仕上がっており、先の「戦車の件」も上手く解決しているようです。

ゲームの特徴としてルールブックに書かれていた
「防禦射撃はありません」
「制圧射撃はありません」
「射撃の向きはありません」
「ハード目標とソフト目標は統一」
等々のキャッチコピーには、
『精密級戦術ウォーゲームニ疲レタアナタ、コンバットインファントリーデ少シ心ヲイヤシテミマセンカ』
というデザイナー氏の心の声が聞こえてくるような感じでした。
(ただ、このゲーム、システムはシンプルですが、結構歯ごたえがあります)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


この盤上の片隅に

2018/01/21 00:00
画像

画像

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


祝!ガルパン最終章第1話上映記念積み木化 其の1

2017/12/17 08:30
祝!第1話上映記念に、メモワール44をガルパン仕様で積み木化してみました。
画像


折角、フランスチームが登場したので、フランスの登場するシナリオを選定。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


メモワール’44

2017/11/30 22:02
画像

上記写真は3年ほど前のものです。
このころは何かにとりつかれたようにメモワールに凝っていました。

何やら陳腐なカードまで手作りしていたようです。
画像


しばらくご無沙汰していましたが、また、プレイしてみたいと思っている今日この頃です。
なにせ、プレイしようとする時のハードルがとても低いですよ(初心者にも優しいシステムです!)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Holland '44 にわくわく

2017/10/29 11:31
本当はマップを広げてユニットをならべたいのですが、残念ながらゆっくりとユニットを切る時間がありません。
逸る気持ちを抑えながら、まずはVASSALで駒を動かしながら手順とルールを確認。
画像

動かしながらもわくわくしています。
(画面はいきなりピンチの82師団)

それと、やはりこのゲームをプレイするときのBGMは、「遠すぎた橋」!
画像

これしかないですよね!
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

積み木の航星日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる